昆布の栄養成分と効能

 

昆布の写真

栄養成分が豊富

昆布は昔から体にいいとして大変重宝されてきた食材の一つです。

これに含まれている栄養成分として、最初にあげられるものはミネラルですが、
その量は万能食品として知られている「牛乳」よりもはるかに優れており、およそ23倍と言われています。

そして、カルシウムはおよそ7倍、更に鉄分においては驚くべきことに約39倍もの量が含まれているのです。

また、この食品に含まれるミネラルは、体内への吸収率が大変高く、その8割が吸収されると言われています。

スポンサードリンク

昆布の表面の白い粉は?

時おり、昆布の表面の白い粉を、汚れやカビであると勘違いしてしまう人もいますが、これはそのようなものではありません。

これは大切なうまみ成分であり、炭水化物の一つなのです。

この白い粉は、甘みを感じることができる非常に重要な成分なので、落としてしまってはそのうまみを無駄にすることになります。

したがって、昆布を使用するときには、濡らした後に固く絞った清潔な布巾で、その表面を拭く程度でいいのです。

昆布の様々な効能

昆布の効能には様々なものがありますが、その中の一つに、疲労を回復させるという効能があります。

これは、ビタミンB1やビタミンB2の栄養成分によるもので、疲労を回復する働きがあるのです。

ストレスを常に感じているという人や疲れやすい人は、昆布を食べることで、それが和らぎます。

また、髪や爪がぱさぱさしているという時や、肌荒れが気になるとき、口内炎があるときにも効果的で、これらの症状を緩和させます。

カルシウムも豊富

昆布はカルシウムを豊富に含んでいることから、骨を丈夫にする効果もあります。

骨を丈夫にすることで骨粗鬆症の予防にもつながるので、小さい子供から高齢者にまで適しています。

また、妊婦さんなどにもオススメで、イライラを落ち着かせる効果もあります。

頭の回転がスムーズに。

また、昆布はアルギニン酸という栄養成分も含んでいることから、頭の回転をスムーズにさせることができます。

記憶力を良くするとされる「DHA」を多く含有している「魚」と一緒に食べることで、さらにその効果を発揮します。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

売れ筋ランキング

このページの先頭へ