マッシュルームの栄養成分と効能

 

マッシュルームは海外でよく食べられている食品ですが、最近は国内でも注目されるようになってきています。

近年の研究によりますと、このマッシュルームには免疫力を高める作用があることがわかってきており、また、白血病やガンの予防にも効果が期待できます。

漢方医学では「のぼせ」を消してくれ、虚弱食欲不振や老衰を止める効果もあると言われています。

スポンサードリンク

栄養成分

マッシュルームに含まれる栄養成分は、たんぱく質、多糖類、葉酸、ビタミンB類、D、食物繊維、パンテン酸、カリウム、ビチオン、チロシナーゼ、亜鉛、銅などがあります。

一つの食材ながら、様々な栄養素を摂取することができます。

免疫力アップや抗がんの作用

このマッシュルームに含まれるポリフェノールは、高い活性を持ち、人体の免疫力アップや抗がんの作用を強く持っています。

とりわけ肺がん、乳がん、皮膚がんに対して明確な治療効果をもっており、実際にその効果もしっかり認められるようになってきているのです。

またポリフェノールは免疫力を高めるだけではなく、放射線治療による「むかつき」を抑え、食欲を増進してくれるという効能ももっています。

その他の効能

マッシュルームは低カロリーで高たんぱく質、高ビタミンの食物であり、その食物繊維は消化吸収されやすく、特にコレステロールの吸収力は他の食品にないほど強力なものとなっているのです。

さらに血糖や血圧の低下にも大きく寄与してくれ、便秘の防止、体内の有害物質の早期排泄の効能も発揮します。

これだけの効能があるので、欧州では食用としてよく食べられています。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

売れ筋ランキング

このページの先頭へ