生姜の栄養成分と効能

しょうがの写真

しょうがには、いくつもの栄養成分が含まれています。

ビタミンCやビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維、カルシウム、カリウム等があげられます。

そのため、最近では多くの食品で、しょうがが用いられている事が多いです。

スポンサードリンク

体を温める効果


一般的に言われている効能については、体を温める効果です。これは、しょうがに含まれている「辛み成分」と「香り成分」が大きな働きがあると言われています。

香り成分には、抗菌や殺菌効果、食欲増進効果等が挙げられます。

辛み成分には、血行の促進や脂肪の燃焼効果などがあると言われています。

これらの事から、冬等に新陳代謝の目的や保温効果として摂取する人が増えてきています。

様々な目的に合わせて使用できる。

今では様々な商品が売られているので、料理から摂取しなくてもサプリメントや飲み物から摂取できるようになっています。

その他にも、中国では乾燥した物を漢方として使用している事も多く、食品としてだけでなく薬としても用いられています。

また、すりおろした物を湿布代わりに使用しても効果があると言われており、様々な場面で利用できるようになっています。

このように、しょうがを効果的に摂取するためには、目的に合わせて使用する事が大切です。

正しい使用方法や調理方法

正しい使用方法や調理方法については、しょうがを扱ったサイト等に詳しく紹介されているので、これらを参考にしながら自分に合った方法を見つける事が大切になります。

また、しょうがを使用するにあたり、正しい保存方法についても知っておく事も大切です。

しょうがは、使いかけのまま放置しておくと乾燥してしまいます。

そのため、適切な保存方法や乾燥しにくい保存方法を知ったうえで使用していくと、より長く使用できるようになります。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

売れ筋ランキング

このページの先頭へ