もやしの栄養成分と効能

もやしの写真

もやしは「もやしっ子」という表現をされるほど、栄養が無く役に立たない野菜だと思われていました。

また、もやしはマメ科の植物であり、種を水に浸しておいて発芽させたものです。
小さな豆からあれだけのものが育っているのだから、蓄えられていた栄養成分は使い果たされているのではと考えられていました。

しかし、豆の状態では持っていなかった栄養成分が、発芽してから作り出されるようなこともあって、
最近の研究では、優れた栄養成分を持つ食品だということが分かってきています。

スポンサードリンク

発芽すると栄養成分が増加する。

一般的にもやしと呼ばれているのものは、緑豆やブラックマッペと呼ばれるものです。

豆の状態ではビタミンCは含まれていないのですが、
発芽するとビタミンCが作り出されるだけでなく、アミノ酸の含有量まで増加します。

普通野菜というのは手間隙かけて屋外で栽培されるものですが、
季節を問わないばかりか暗所で栽培されるので、天候も関係なく栽培しやすい野菜です。

栽培しやすく1年中収穫できるので、いつでも美味しいものが低価格で食べられます。

このように栄養満点の野菜ですが、その栄養素の中でも他の野菜に比べて特に多く含まれているのは、ビタミンとミネラルです。

ビタミン類

ビタミンCは肝臓の働きを助ける効果があるので、お酒をよく飲むという方には効果的です。
また、ビタミンB2には脂肪の代謝を促すという効能があります。

運動をしていてもなかなか痩せないという人は、ビタミンB2を多く摂取することで、
よりダイエット効果を高めることが出来ます。

カルシウムや食物繊維も含有

また、豊富に含まれるカルシウムも忘れてはいけません。

日本人はカルシウムが不足しがちになることが多く、カルシウムが不足すると骨粗鬆症などの原因ともなります。

もやしは食物繊維も豊富ですので、野菜不足で便秘しがちという人にもオススメ出来ます。

もやしをたくさん食べることでそういった病気を予防することが出来るのです。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

売れ筋ランキング

このページの先頭へ