たまねぎの栄養成分と効能

たまねぎの写真

たまねぎは日本各地で生産が可能で、日本はアメリカに次いで世界2位の玉ねぎ生産国となっています。

生の時に感じる独特の辛みは、炒めることで甘み成分へと変わり、あらゆる料理で利用されています。

うまみ成分が多いため『西洋のかつおぶし』とも呼ばれ、スープなどのベースにも利用されます。

スポンサードリンク

特徴は涙が出てくる硫化アリル

含まれる栄養成分は糖質やカリウム、亜鉛などですが、特筆するべきなのは『硫化アリル』です。

たまねぎ特有の臭いがこの物質で、たまねぎを切った際に涙が出てくるのもこの『硫化アリル』が原因と言われています。

しかし、『硫化アリル』は栄養面では大変優れています。

硫化アリルは、動脈硬化の原因となる血栓や、コレステロールの代謝を促し血栓ができにくくする『血液さらさら効果』があります。

この作用で高血圧や糖尿病、脳梗塞などの予防にも効果があります。

また、ビタミンB1と結合しアリチアミンとなることで体内にビタミンB1を長く留め吸収を促進します。

ですので、豚肉やかつおなどのビタミンB1を多く含む食品と一緒に摂取することで、疲労回復や食欲不振、イライラなどの症状に効果があります。

さらに、硫化アリルは胃の消化液の分泌を高めて胃の働きを改善するので、食欲増進効果もあります。

その他にも様々な効能がある。

肉や魚の生臭さを軽減しますし、強い殺菌力もあるため、辛みの強いたまねぎほど痛みにくいです。

加えて、たまねぎにはケルセチンというポリフェノールが含まれていて、特に外皮に多いです。

ケルセチンには抗酸化作用があり、ガンや老化など活性酸素が引き起こす病気の予防にも効果的です。

ダイエットにも効果があり、体内に摂取した脂肪の吸収を抑制する働きがあります。

また、民間療法としても用いられることがあり、その効能は、利尿作用、便秘改善、発汗作用や解熱作用があります。

たまねぎを食べると汗がどんどん出て熱が下がり、咳やたんを鎮める効果もあるといわれ、風邪のときに食べるとよいと言われています。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

売れ筋ランキング

このページの先頭へ