食材の栄養成分と効能を解説┃栄養ガイド

ブロッコリーの栄養成分や効能と健康面のメリット

約4分
ブロッコリーの栄養成分や効能と健康面のメリット

サラダなどによく使用される野菜として、レタスやキャベツといったものがあり、それ色どりを良くする為に、トマトやきゅうり、レッドオニオンといった野菜が盛りつけられるのを良く目にします。

そんな盛り付けられている野菜の中に、ブロッコリーも存在します。

そんなブロッコリーですが、かなり高い栄養成分があります

コリコリした食感がクセになる野菜の1つで、好きな方は沢山食べられる位のものであります。

ブロッコリーを食べるとどんな効能がある?

ブロッコリーの効能

ビタミン類が豊富

ブロッコリーは、ビタミンCの多い野菜と言われております。

しかし、ビタミンCは、熱に弱い為に、長くゆでてしまうと栄養成分を失ってしまいます

素早くゆでるのが良いと言われておりますが、ブロッコリーだけに少々硬さがある為に難しいものです。

生で食べる方もいますが、その場合は、無農薬なものを選ぶと良いです。

他にもカロチン、ビタミンA、ビタミンB1、B2、カリウムという身体に大切な栄養成分が豊富に含まれている野菜であります。

また色々な料理にも活用出来るので、サラダだけではなくシチューやカレーなど合う料理は沢山あるので、色々試してみるのも良いです。

ブロッコリーの効能

そんなブロッコリーを食べるとどのような効能があるのかと言いますと、風邪を引きにくくなるということが言われています。

これは、栄養成分のビタミンAが体内に殺菌効果があり、体を守ってくれるということが挙げられます。

またビタミンCの効果も同様、風邪を引きにくくする効果があります。

そんな野菜だけに冬に多く食べれることが多くあります。

温野菜の扱いで加熱する料理にも優れております

また一番嬉しい効能としては、1つは、美容に良いということであります。

ビタミンの作用で肌が守られ健康的な肌を保つことが出来ます。

もう1つは、がん予防が出来ると言われております。

ひと昔前に話題にもなりましたが、ブロツコリーを食べていると癌にならないということが言われております

ブロッコリー自体は、全て食べられる所ばかりであり、花部分は勿論の事、茎部分や葉部分も美味しく食べられる食品でもあります。

栄養価の高い野菜の1つであります。

このようにブロッコリーの凄さは優れているのであります。

沢山食べたからと健康になるわけでは無く、サラダのように色々な野菜をバランスよく摂取して色々な物を食べる中にブロッコリーを含むと良いのであります。

また色々な料理にも活用出来るので、サラダだけではなくシチューやカレーなど合う料理は沢山あるので、色々試してみるのも良いです。

ブロッコリーの成分(100g当たり)

一般成分含有量
エネルギー40 kcal
水分86.2 g
たんぱく質5.4 g
脂質0.6 g
炭水化物6.6 g
無機質含有量
ナトリウム7 mg
カリウム460 mg
カルシウム50 mg
マグネシウム29 mg
リン110 mg
1.3 mg
亜鉛0.8 mg
0.1 mg
マンガン0.28 mg
ヨウ素0 μg
ビタミン含有量
ビタミンA
βカロテン
900 μg
ビタミンB10.17 mg
ビタミンB20.23 mg
ビタミンB3
ナイアシン
1 mg
ビタミンB60.3 mg
ビタミンC140 mg
ビタミンE
αトコフェノール
3 mg
ビタミンE
γトコフェノール
0.4 mg
葉酸220 μg
パントテン酸1.42 mg

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Tweets