食材の栄養成分と効能を解説┃栄養ガイド

とうもろこしの栄養成分や効能と健康面のメリット

約3分
とうもろこしの栄養成分や効能と健康面のメリット

とうもろこしは、小麦や稲と並ぶ世界の三大作物の一つといわれ、広い地域で栽培が行われています。

主成分はでんぷんで、たんぱく質、脂質、糖質などの栄養成分をバランスよく配合しているため、人間だけでなく動物の飼料としても重用されています。

とうもろこしを食べるとどんな効能がある?

とうもろこしの効能

コーンの様々な栄養成分と効能

とうもろこしの黄色い部分に含まれる「ゼアキサンチン」と呼ばれる色素成分は、活性酸素の除去に役立ち、肝臓の発ガン防止の効能があるといわれています。

また、食物繊維が豊富に含まれており、その料はイモ類よりも多いことがわかっています。

これにより、脂質の吸収を抑えて便秘の予防や改善、大腸がんの予防、コレステロールの吸収抑制などにも効果があるのです。

そのほかにもビタミンBやカリウム、ビタミンEを多く配合していますので、疲労を回復させ、塩分を体外に排出し、老化防止にも役立ちます

このように様々な効果効能があることから、とうもろこしは昔から食品として広く流通するようになったのでしょう。

血圧やコレステロール値を下げる効果も

日本で栽培されているとうもろこしの殆どは、スイートコーンと呼ばれる品種が中心です。

実の胚芽部分にリノール酸が豊富に含まれ、血圧やコレステロール値を下げる作用があります。

コーンは購入後、早めに食べよう

収穫後時間とともに急速に栄養も味も劣化することから、買ってきたら早めに食べるのがお勧めです。

旬のとうもろこしを茹でたり焼いたりして食べるというのは、理にかなった食べ方です。

とうもろこしの「ひげ」の部分にも効能がある

とうもろこしのひげの部分には漢方での薬効があり、高血圧を抑えたり、糖尿病などの薬にも用いられています

実は食べない部分に多く薬効があることが、最近の研究ではわかってきてるのです。

とうもろこしは、これほどの様々な効能をもった野菜なのです。

とうもろこしの成分(100g当たり)

一般成分含有量
エネルギー350 kcal
水分14.5 g
たんぱく質8.6 g
脂質5 g
炭水化物70.6 g
無機質含有量
ナトリウム3 mg
カリウム290 mg
カルシウム5 mg
マグネシウム75 mg
リン270 mg
1.9 mg
亜鉛1.7 mg
0.18 mg
マンガン0 mg
ヨウ素0 μg
ビタミン含有量
ビタミンA
βカロテン
99 μg
ビタミンB10.3 mg
ビタミンB20.1 mg
ビタミンB3
ナイアシン
2 mg
ビタミンB60.39 mg
ビタミンC0 mg
ビタミンE
αトコフェノール
1 mg
ビタミンE
γトコフェノール
3.9 mg
葉酸28 μg
パントテン酸0.57 mg

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Tweets