食材の栄養成分と効能を解説┃栄養ガイド

キウイの栄養成分や効能と健康面のメリット

約3分
キウイの栄養成分や効能と健康面のメリット

キウイフルーツは、すっかり日本にも定着したフルーツであり、すでに国内でも多くの農家で栽培されるものとなっています。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、特にビタミンCは100グラム中で69mgと驚くほど含まれています

これは、みかん3個分のビタミンCを摂取できるほどであり、効率良くビタミンCを摂取することができます

キウイを食べるとどんな効能がある?

キウイの効能

ビタミンが豊富な女性にオススメのフルーツ

ビタミンCには活性酸素を抑制する抗酸化作用があり、ストレスを抑えるとともに、美白やコラーゲンの合成によって美肌を作り出す効能もあるため、女性には大人気の果物ということができます。

ビタミンEも含まれており、ビタミンCとともに抗酸化作用があり、さらに、血行を促進して若返りに大きな効果を発揮してくれるのです。

このビタミンCとEは別々に摂取するよりも、一緒に摂取することが効果的といわれていますので、まさに理想のフルーツといえる存在なのです。

ビタミン以外にも栄養成分が豊富

キウイフルーツに含まれる栄養成分には、その他にもポリフェノールを多く含んでいます

また、神経障害や腸機能障害をコントロールしてくれるカリウム、骨や歯を支えるカルシウムなども含んでいます

食物繊維が多いのも特徴で、100グラムで2.5グラム摂取できますので、整腸作用に効果が期待できるフルーツといえるのです。

それだけではなく、クエン酸、キナ酸、リンゴ酸などの有機酸が多く含まれていますので、疲労回復などにも大きく役に立つ存在なのです。

アクチニジンというたんぱく質分解酵素が含まれているのもこのフルーツの大きな特徴で、そのままフルーツとして食べても大きな効果を得られまが、お肉料理のソースにして食べても大変相性のいい存在といえるのです。

品種について

最近このフルーツにはグリーンキウイとゴールドキウイという品種がありますが、このゴールドキウイは日本人向けに開発されたものです。

ビタミンCもEも、通常のキウイよりも多く含まれているため、ますます健康にいい品種となっています。

甘みも高く、かなり食べやすく品種改良されているのが特徴です。

毎朝コンスタントに食べていくことで、かなりの健康効果を発揮させることができるでしょう。

食べ味も美味しいので、継続して摂取することもできますし、なにより、ビタミンの効果は少し食べただけでも存分に発揮させることができるようになります。

特に女性の方におすすめしたいフルーツです。

ゴールデンキウイの成分(100g当たり)

一般成分含有量
エネルギー59 kcal
水分83.2 g
たんぱく質1.1 g
脂質0.2 g
炭水化物14.9 g
無機質含有量
ナトリウム2 mg
カリウム300 mg
カルシウム17 mg
マグネシウム12 mg
リン25 mg
0.2 mg
亜鉛0.1 mg
0.07 mg
マンガン0.04 mg
ヨウ素0 μg
ビタミン含有量
ビタミンA
βカロテン
38 μg
ビタミンB10.02 mg
ビタミンB20.02 mg
ビタミンB3
ナイアシン
0.3 mg
ビタミンB60.14 mg
ビタミンC140 mg
ビタミンE
αトコフェノール
2.5 mg
ビタミンE
γトコフェノール
0 mg
葉酸32 μg
パントテン酸0.26 mg

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Tweets