食材の栄養成分と効能を解説┃栄養ガイド

キャベツの栄養成分や効能と健康面のメリット

約3分
キャベツの栄養成分や効能と健康面のメリット

キャベツには、ビタミンCが非常に多く含まれています

他の野菜よりもその含有量はずば抜けていて、大きめの葉を2枚から3枚ほど食べるだけで、一日に必要なビタミンCの摂取量をまかなえると言われています。

キャベツに含まれるビタミンCは、細胞の酸化を防ぎ免疫力を高めてくれる効能があるので、風邪の予防に効果を発揮してくれます。

キャベツを食べるとどんな効能がある?

キャベツの効能

ビタミンU

また、ビタミンUという栄養成分があるのも見逃せないです

胃壁の粘膜を強くしてくれて、胃壁に傷がつくことを防いでくれます

胃炎や胃潰瘍など病気からも守ってくれます。

さらに、ビタミンUには肝機能を高める効能があります。

肝臓は人間にとって非常に重要な臓器ですが、ビタミンUのタンパク質や脂肪の代謝を高める作用によって、肝臓の働きを高めてくれます

肝機能が正常であれば、アルコールの解毒やコレステロールが異常に分泌されることを防いでくれます

その他の栄養成分

ビタミンU以外にも、肝臓の解毒作用を高める成分のグルコシノレートという物質が、キャベツには含まれています。

このグルコシノレートは血液をさらさらにしてくれる効果があります。

他にもカリウムには、体内に蓄積された余分な塩分を排出してくれる役割があったり、豊富に含まれる食物繊維には、肥満の解消やコレステロールの排出に効果がありますし、ビタミンKとカルシウムには骨の強度を上げてくれる働きがあります

キャベツには豊富な栄養成分が含まれていながら、カロリーは低いので肥満改善に適している野菜と言えます。

栄養成分を効率よく摂取するには?

キャベツの効能を無駄にせず摂取するには、調理の仕方に工夫をすることです。

ビタミンCやビタミンUは熱に弱いので、基本的には生で食べることが推奨されます。

しかし、たくさんの量を食べたいならスープなどに入れるのもいいですが、加熱するとキャベツの栄養成分がスープに溶け出してしまうので、残さず煮汁は飲むようにすることです。

酢をかけて生で食べると、効率よく栄養成分が摂取できます。

キャベツの成分(100g当たり)

一般成分含有量
エネルギー23 kcal
水分92.7 g
たんぱく質1.3 g
脂質0.2 g
炭水化物5.2 g
無機質含有量
ナトリウム5 mg
カリウム200 mg
カルシウム43 mg
マグネシウム14 mg
リン27 mg
0.3 mg
亜鉛0.2 mg
0.02 mg
マンガン0.16 mg
ヨウ素0 μg
ビタミン含有量
ビタミンA
βカロテン
49 μg
ビタミンB10.04 mg
ビタミンB20.03 mg
ビタミンB3
ナイアシン
0.2 mg
ビタミンB60.11 mg
ビタミンC41 mg
ビタミンE
αトコフェノール
0.1 mg
ビタミンE
γトコフェノール
0 mg
葉酸78 μg
パントテン酸0.22 mg

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Tweets