食材の栄養成分と効能を解説┃栄養ガイド

まいたけの栄養成分や効能と健康面のメリット

約3分
まいたけの栄養成分や効能と健康面のメリット

きのこ類の健康効果に注目が集まっていますが、その中でも「まいたけ」は、高い効果が期待出来ると人気です。

まいたけを食べるとどんな効能がある?

まいたけの効能

まいたけの情報

まいたけは、日本原産のサルカノコシカケ科マイタケ属の菌茸です。

東北地方などに多く生える茸で、栗の木などの根元に生えています。

1970年後半頃に人口栽培に成功したので、今ではスーパーなどで簡単に手に入ります。

サルノコシカケ科の「きのこ」は薬効が高く、薬になったり薬膳料理などに使用される事が多いですが、普通に食用として食べられるのは「まいたけ」だけです。

栄養成分

まいたけの栄養成分についてですが、カリウム・亜鉛・ビタミンD・ナイアシン・食物繊維・アミノ酸などが豊富に含まれています

βグルカントによる抗がん作用

きのこ類にはβグルカントいう多糖類が多く含まれており、体の免疫力を高めて、抗がん作用のある成分が含まれています

きのこ類の中でも、まいたけから抽出したものはMD-フラクションと呼ばれ、効果が高いとして注目されています。

まいたけの様々な効能

その他にも、糖尿病や高コレステロール、高脂血症などの生活習慣病の改善や予防、ダイエットなどにも高い効果があります。

また、免疫力が上がる事で風邪を引きにくくなったり、治りを早める事も出来ます。

他にも、ナイアシンが他の野菜の約9倍も含まれていて、血圧を安定させ胃腸障害なども改善していく働きがあります。

さらには、食物繊維はごぼうの約2倍もあるので、血液中の悪玉コレステロールを体外へ排出するのを助けます。

効率よく栄養を摂るためには?

多くの健康効果が期待出来るまいたけですが、高い栄養成分を効率よく摂取するには、調理方法に気を付ける事が大切です。

水溶性の栄養成分は、水によって流れてしまうので、水洗いは避けます

熱にも分解されやすいのであまり加熱しすぎない事と、煮汁にも栄養成分が溶け出しているので、
汁ごと一緒に食べるようにすると高い栄養成分を摂取できます。

まいたけの成分(100g当たり)

一般成分含有量
エネルギー15 kcal
水分92.7 g
たんぱく質2 g
脂質0.5 g
炭水化物4.4 g
無機質含有量
ナトリウム0 mg
カリウム230 mg
カルシウム0 mg
マグネシウム10 mg
リン54 mg
0.2 mg
亜鉛0.7 mg
0.22 mg
マンガン0.04 mg
ヨウ素0 μg
ビタミン含有量
ビタミンA
βカロテン
0 μg
ビタミンB10.09 mg
ビタミンB20.19 mg
ビタミンB3
ナイアシン
5.0 mg
ビタミンB60.06 mg
ビタミンC0 mg
ビタミンE
αトコフェノール
0 mg
ビタミンE
γトコフェノール
0 mg
葉酸53 μg
パントテン酸0.56 mg

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Tweets