食材の栄養成分と効能を解説┃栄養ガイド

にんにくの栄養成分や効能と健康面のメリット

約3分
にんにくの栄養成分や効能と健康面のメリット

ニンニクは昔から体に良いと言われていますが、私たちにどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

このページでは、にんにくの効能と栄養成分についてご紹介させていただきます。

にんにくを食べるとどんな効能がある?

にんにくの効能

効能

にんにくの効果効能としては、スタミナ食としてとても素晴らしい効き目を発揮してくれます

その理由としては、にんにくに含まれているビタミンB1が、筋肉のエネルギー源でありますグルコースの生産と代謝を高めてくれて、疲れなどを一気に解消させてくれるからなのです。

疲労回復であったり、精力増強にはとても魅力的な食べ物であると言われております。

栄養成分

では、このにんにくの栄養成分はどのようなものが含まれているのかと言いますと、にんにくには、アリインというイオウ化合物が含まれております

このアリインですが、にんにくにもともと無臭の化合物として存在しているものなのですが、切り刻んで酸素に触れることによって、アリナーゼという酵素と反応します。

そして、アリシンという抗酸化成分に変わって、あのにんにく特有の強烈なにおいを発生するのです。

このアリシンですが、とても強力な殺菌力があります

そして、消炎効果もとても高いとされております。

具体的には、腹痛であったり、嘔吐であったり、下痢や風邪、さらには虫除け、アレルギー等にもとても効果を発揮してくれます。

にんにくの栄養素まとめ

にんにくは色々な食べ物とマッチします。

子供にとっては臭いが強く抵抗があるの食べ物ですが、大人であれば好物としている人は多いです。

とにかく、体にとっては絶大なパワーを与えてくれるものなので、適度に適量を摂取して、強い体を作り出してくれる食材です。

いちごの成分(100g当たり)

一般成分含有量
エネルギー136 kcal
水分63.9 g
たんぱく質6.4 g
脂質0.9 g
炭水化物27.5 g
無機質含有量
ナトリウム8 mg
カリウム510 mg
カルシウム14 mg
マグネシウム24 mg
リン160 mg
0.8 mg
亜鉛0.8 mg
0.16 mg
マンガン0.28 mg
ヨウ素0 μg
ビタミン含有量
ビタミンA
βカロテン
2 μg
ビタミンB10.19 mg
ビタミンB20.07 mg
ビタミンB3
ナイアシン
0.7 mg
ビタミンB61.53 mg
ビタミンC12 mg
ビタミンE
αトコフェノール
0.5 mg
ビタミンE
γトコフェノール
0 mg
葉酸93 μg
パントテン酸0.55 mg

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Tweets